ホーム > 日本CSO協会・会員企業インタビュー一覧 > シミック・アッシュフィールド様

シミック・アッシュフィールド様

CMASの事業の歴史についてお話しください

2005年、シミックグループでコントラクトMR事業がスタートし、当社の前身であるシミックMPSSがシミックグループにおけるCSO事業を本格展開いたしました。

2012年よりAshfieldとの業務提携を行い、CSO先進エリアであるヨーロッパのCSOビジネスモデルを国内向けにカスタマイズしてコアタイムMR(短時間勤務型プロジェクト)や、成功報酬型のプロジェクト、など、新しいサービスの提供をはじめました。

シミック・アッシュフィールドは、国内CRO(医薬品調査支援事業)企業のパイオニアであるシミックグループと、ヨーロッパ最大のCSO企業であるAshfieldが所属するUDGグループの合弁会社として2014年10月に誕生しました。現在はコントラクトMRソリューションを中心としたCSO事業、MSL関連のソリューション提供を行うメディカルアフェアーズ事業、Webや電話などでリモートディテーリングを行うコンタクトセンター事業の3つのビジネスを柱とし、マルチチャネルのコマーシャルソリューションの提供を行っています。

CMASの特徴についてお話しください

前述の3つの事業それぞれのチャネルを持ち、それらを組み合わせることにより、様々な顧客のニーズに対して柔軟に対応するソリューションの提供を行っています。

CMASの将来についてお話しください

「国内No.1のマルチチャネルCSO」を標榜しており、サービス面においては多様な顧客のニーズに対して柔軟なソリューション提供を行い、社員にとっては幅広い働き方、キャリア形成の可能性を実現していきます。

CMASで働くメリットについてお話しください

MRの仕事だけで考えればそんなに変わらないのかもしれないですが、マルチチャネル化によってMRのスキルを活かした活躍の場がどんどん広がっていくことを活用すると、多様なキャリア形成ができるというのは当社ならではと言えるのではないでしょうか。

また人財育成においては単にMRのスキルということではなく、ビジネスの理解・リーダーシップの育成を大切にしており、当社の一員としてバランスのとれた人財開発を行っています。

 

●シミック・アッシュフィールド株式会社 : http://www.cmic-ashfield.com/