2024年市場予測 認知症薬2000億円突破へ 富士経済

こんにちは今日の調子はいかがですか。
今日は 2024年市場予測 認知症薬2000億円突破へ 富士経済 の記事と 認知症治療薬 についてご紹介させていただきます。


富士経済はこのほど、認知症治療薬の市場規模が2024年に2045億円となり、15年実績(1442億円)に比べて市場が40%以上拡大するとの調査結果をまとめた。同市場は22年には2000億円を突破する。ただ、20年までは毎年、市場が前年比で100億円前後拡大するものの、21年は前年比約40億円増、22年以降は毎年、前年比30億円未満の増にとどまり、21年以降は成長が鈍化するとしている。

調査方法は同社専門調査員による参入企業や関連企業などへのヒアリングや文献調査などをもとにまとめたもの。調査期間は16年7月~9月。

認知症治療薬は大きくコリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬に分かれる。調査では、唯一のNMDA受容体拮抗薬であるメマリーが「他剤と併用できることから市場成長に貢献している」と分析した。さらに厚労省が15年1月に策定した認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に基づく早期診断・早期治療が進むことなども、「市場拡大に拍車がかかる」としている。

ただ、「21年以降は現在処方の中心となっている薬剤が相次ぎ特許切れとなることから、減速が予想される」とも指摘。特許切れする製品名は明かしていないが、メマリーを中心にレミニール、イクセロン・リバスタッチの特許切れが市場成長に影響するという指摘と思われる。


2016年11月28日 ミクスonline から


認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。本日は認知症治療薬について少しお話させて頂きます。


【コリンエステラーゼ阻害薬】

◇脳内の神経伝達物質の量を増やしアルツハイマー病における記憶障害などの症状の進行を遅らせる薬剤
 ・アルツハイマー病では神経伝達物質であるアセチルコリンの量が少なくなっている
 ・脳内でアセチルコリンはコリンエステラーゼという酵素によって分解される
 ・本剤はコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの分解を抑えることで脳内のアセチルコリンの量を増やす作用をもつ

◇薬剤によって剤形が様々
 ・OD錠、ドライシロップ剤、外用貼付薬(パッチ剤)などがある

<主な副作用や注意点>
◇消化器症状
 ・下痢や吐き気などの症状があらわれる場合がある
 ・症状は服用開始初期や薬の増量時などにおこりやすいとされる
 ・服用を継続していくにつれて症状が和らぐ場合が多い
 ・しばらく服用を継続しても症状が緩和しない場合は、医師や薬剤師に相談する

◇精神神経系症状
 ・眠気、めまいなどの症状があらわれる場合がある

◇循環器症状
 ・頻度は稀だが、動悸や脈の乱れなどの症状あらわれる場合がある

<代表的な製品>
◇アリセプト
 ・D錠、ゼリー剤、ドライシロップ剤などもあり
◇レミニール
 ・OD錠、内服液もあり
◇イクセロン、リバスタッチ
 ・剤形が外用貼付薬(パッチ剤)である
 ・通常は1日1回背部、上腕部、胸部のいずれかに貼り、24時間毎に貼り替える

【NMDA受容体拮抗薬】

◇アルツハイマー病による神経細胞障害や記憶や学習能力の障害などを抑える薬
 ・アルツハイマー病では異常なタンパク質が蓄積し、神経を興奮させる物質が過剰に放出される
 ・神経を興奮させる物質により脳内のNMDA受容体というものが過剰に活性化されると神経細胞や記憶などが障害される
 ・本剤はNMDA受容体に作用し、この受容体の過剰な活性を抑える作用をあらわす

◇他のアルツハイマー病治療薬との併用に関して
 ・本剤はコリンエステラーゼ阻害薬(アリセプト など)と併用が可能

<主な副作用や注意点>
◇消化器症状
 ・便秘、食欲不振、下痢、吐き気などがあらわれる場合がある

◇精神神経系症状
 ・めまい、頭痛、眠気などがあらわれる場合がある

◇肝機能障害
 ・頻度は稀である
 ・倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

<代表的な製品>
◇メマリー
 ・主に中等度から高度のアルツハイマー病に使用される


認知症は同じ診断名でもこれまでの生き方によって症状が異なり、また個々の事情に考慮した対応が必要であるそうです。 治療は薬物療法とリハビリテーションが主体となりますが、治療やケアを行うことで進行の速度を遅くしたり、出ている症状を軽減させたりすることは出来ます。 患者さんの人生に敬意を払い、自尊心を傷つけないような対応を心がけましょう。

お役に立ちましたでしょうか?
また、明日のトピックスも楽しみにしていてください。


作成 鈴木

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート