ホーム > キャリア別転職支援

キャリア別MR転職の4つのカテゴリー

MR転職専門の求人サイト「MRジョブ」は、未経験からベテランまで、さまざまなMR転職を強力にサポートします。

未経験からMRを目指す

未経験からでも
チャレンジできるMRへの道

未経験からMRを目指す場合に求められるのが、業界を問わない営業職の経験です。求人内容によっては販売職の経験でもよい場合などがあり、MRへチャレンジする門戸は開かれていると言えます。これに加え、「コミュニケーションスキル」や営業成績などに対する「目標達成力」、医学や薬学知識を習得しようとする「成長意欲」や「情報収集力」などが不可欠です。

MRとして働く場合は、MR認定資格試験に合格することが事実上必須とされており、未経験者に対しては、転職先企業によりMR認定試験の受験資格を得るための研修などが用意されています。

女性MRのキャリア

ライフステージに応じた
キャリア形成ができる

2000年以降、女性MRの数は増え続けておりますが、MR全体の中で女性の比率が高まらないのは、結婚や出産などのライフイベントで離職する影響が少なくないからです。このような状況を受けて、製薬企業の中には女性MRの支援制度を積極的に整える動きもあります。

転勤の不安がない地域限定MR制度や産休からの復帰後は同一エリアに戻れる制度、CSO(コントラクトMR)で同一エリアのプロジェクトを希望する方法など、女性MRとしてのキャリアを継続することができる選択肢も広がりをみせています。

MRのキャリアアップ

自身の目指すキャリアを形成
さまざまなステップアップ方法

MRのキャリアアップにはさまざまな選択肢が考えられます。例えばジェネリックメーカーから新薬メーカー、MRからCSO(コントラクトMR)、MRから専門性の高いオンコロジーMRなど。ご自身のキャリアプランによって、目指すステージも異なってくると思いますが、これまでの「経験」「実績」「知識」「担当案件(開業医・大学病院など)」などが細かくチェックされることになります。また、マネジメントポジションへの転職やCRA(臨床開発モニター)などへの転職も考えられます。

ベテランMR

複眼的・多角的な視野で
MRとしての経験が熟成する

MRとしてさまざまな経験を積み、キャリアの「細分化」や「専門性」を有したベテランMRとしては、チームマネジメント能力、エリアマネジメント能力などを期待されることも少なくありません。KOL(キー・オピニオン・リーダー)に対する情報提供を中心に、製品開発に関するエビデンスの構築や臨床研究、論文投稿の支援など、医学・薬学・科学のスペシャリストMSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)への道なども選択肢のひとつになります。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop