ホーム > MRとは

営業性と社会貢献性をもったMRの仕事

MR転職専門の求人サイト「MRジョブ」が、MRの業務内容などをわかりやすく紹介します。

「MR」とは「医薬情報担当者」

MRの正式名称は「Medical Representative」。日本語では「医薬情報担当者」と訳され、元はアメリカで生まれました。その業務は医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬品情報(医療用医薬品およびその関連情報)を、医師や歯科医師、薬剤師、看護師などの医療関係者に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ることです。

また、使用された医薬品の有効性情報(効き目・効果的な使い方など)や安全性情報(副作用など)を医療現場から収集して企業に報告し、医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバックすることも主な業務となります。

MR の仕事内容

MRの業務はふたつの側面をもっています。ひとつは製薬企業の営業マンとしての役割で、他業界の営業マンと同様に売上を伸ばし、販売ノルマを達成することです。したがって、医療関係者に少しでも多くの自社製品を処方してもらえるよう、病院や診療所に訪問して強みとなる情報を提供するのです。

もうひとつは、医療用医薬品の適正使用のため、医療関係者から日常の診療活動に役立つ情報の提供や収集を行い、それを伝達するという役割です。

この2点を総合すると、MR は単なる営業マンではなく、医療用医薬品の情報活動を通じて患者さんの健康に寄与し、社会貢献できる、やりがいのある職業だということが言えるのです。

MRの待遇

MRは社会的貢献性も高く、安定性のある製薬企業で働けるという魅力をもった職業です。一概に比較することはできませんが、給与面でも他業界より高水準で非常に恵まれた環境にあると言っても過言ではありません。ご自身の努力次第では、仕事内容に見合った待遇を得られるのです。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop