ホーム > 職務経歴書の書き方

応募企業に採用されるための職務経歴書

MR転職専門の求人サイト「MRジョブ」では、業界経験豊富なコンサルタントが各種レジュメの書き方もアドバイスしております。MR業界専門の求人サイト・転職エージェントだからわかる成功する職務経歴書の書き方を紹介します。

成功する職務経歴書の書き方~MRジョブ流~

職務経歴書などの応募書類は、選考の決め手となる大変重要なもの。書き方ひとつで面接まで至るか否かが決まります。職務経歴書の書き方が悪かったために求人企業に伝わらず、せっかくのチャンスを逃すことがないように「職歴」をきちんと整理して書きましょう。職歴を整理することで自分を客観的に見つめ直すことができ、それが面接時のプレゼンテーションに結びつきます。

最近では、自分の経験した職務をより具体的に記入する傾向にありますので、A4サイズの紙で2~3枚ほどになる場合もありますが、あまりページ数が多すぎると企業採用担当者は目を通さなくなるので、要領よくまとめることが重要なポイントです。

職務経歴書作成時のポイント

  • A4サイズの紙を用意する
  • 職務経歴は一般的に古い順から書きますが、あえて最近の新しい職歴から記入する
  • キャリアを整理して記入する(自分の経験を漏らさず記入)
  • 一読してアピールポイントがわかるようにする
  • 実績はなるべく具体的な数字を用いて表現する(実績が良いことに越したことはありませんが、MRとして実績〈数字〉に対する意識をいつももち「良い・悪い」をどのように分析し、その後に活かしているのかが問われます)
  • 職務内容が企業秘密に関わる場合、また取引先の名称を明らかにできない場合は「××領域新製品」「内資or外資製薬会社」という表現を使用する
  • 応募企業ごとに「志望動機」を記載する
  • 文章は簡潔に、箇条書きにする
  • 見やすくバランスのとれたレイアウトにする
  • 最後に誤字・脱字をチェックし、控えのコピーをとる

職務経歴書の必須記入ポイント

  • 担当エリア・施設
  • 担当製品
  • 実績
  • ~~~~~経験
  • ~~~~~動機

職務経歴書サンプル

職務経歴書サンプル

20日現在
氏名:歳)

職務経歴

要約

大学 経営学科卒業後、製薬会社にて一貫して医療用医薬品のプロモーション活動に従事。在職中に多くの社内MRコンクールを受賞、業界誌にも優秀MRとして紹介される。入社2年目より社内的にも重要得意先の大学病院を中心に、10年余りにわたり担当する。特に教授から研修医まで幅広く担当してきた経験からあらゆる先生との交渉力に自信あり。

【職歴/業績】

製薬株式会社                  20年~現在

20
【配属】営業所
【担当エリア】 担当
【主な担当施設】病院、病院、病院、GP
【担当製品】△△(△△疾患治療剤)、△△(△△疾患治療剤)、 
      △△(△△疾患治療剤)、△△(△△疾患治療剤)、 
      △△(△△疾患治療剤)、△△(△△疾患治療剤)、
      △△(△△疾患治療剤)
【主な訪問診療科】○○科・○○科・○○科・○○科・○○科

【アピールポイント】

  • A社(特約店)営業部 月間優秀MRを受賞
  • MSと共闘活動を基盤に各品目の効率の良い新規納入実施
  • 講演会・小規模講演会(座談会)活動を積極的に取り組み実績に繋げる
  • 重要Drへのレクチャーミーティング(社内勉強会)の実施
  • 各品目 年間製品説明会 51回実施
  • 専門領域MRと強力し説明会などの共闘活動実施
  • B社(特約店) デポ担当として施策等の運営活動実施
  • 疾患治療剤)プロモーター担当として支店の取りまとめ活動実施

【御社志望動機】

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

以上、

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop