ホームMR転職事例紹介 一覧(キャリアアップ) > MR転職事例紹介 詳細(キャリアアップ)

2016/5/1 入社  M26315さん【転職成功に関してコメント】

 

コンサルタント 藤川靖宏

異業種からコントラクトMRに転身し新薬メーカープロジェクトにて2年ほど従事してきたが、製薬企業への転職を希望し転職活動を開始。製薬企業のMR求人自体が非常に少なく時間がかかったものの、自身のCSOプロジェクト終了日と入社日がタイミング良く合う新規求人に応募。面接では短いMR経験ながらも、密度の濃い活動内容、責任感の高さを高く評価され、見事希望勤務地にて内定を受けることが出来た。

 

【ポイント】

・数少ない製薬企業の新規求人案件に迅速に応募したこと

・企業研究をしっかり行い、マインドセットが十分出来た状態で面接に臨んだこと

・CSOのプロジェクト終了日と求人案件の入社日のタイミングが合っていたという「幸運」も大きな要素であった。

・短いMR経験ながらも、コントラクトMRとして新薬経験があったこと、密度の濃い活動をしていたこと

 

【コンサルタントから一言】

この方はMRとして優秀な方ではあるものの、MR経験自体が短く、かつ開業医市場がメインであったため、なかなか製薬企業へのチャレンジが難しい状況でした。

そのため、製薬企業での案件が発生したらすぐに私からご本人様に連絡をし、応募意思を短期間に決断していただくということが必要であり、それを実践していただいたことが、良い結果につながったと思います。

この時代、製薬企業でのMR募案件は非常に少なく、あったとして中堅メーカーの場合が多いことは否定できず、躊躇される気持ちはわかります。

しかし、そのような場合でも「製薬企業へ転職」、という目標のためには迅速な判断が必要です。

応募しようかしまいか何週間も「検討」される方が中にはいらっしゃいますが、その間に募集は終わってしまいますし、仮に終わっていなかったとしても希望勤務地などまずかなうことはないでしょう。そもそもMRの転職で希望勤務地がかなうことは少ないですが、中でも東京や大阪などの大都市は人気のエリアで、あっという間に埋まってしまうからです。この方はもともとMRとしては優秀な方ですので、タイミング良く案件に応募したことで良い結果を出すことが出来た事例と思います。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop