ホームMR転職事例紹介 一覧(ベテランMR) > MR転職事例紹介 詳細(ベテランMR)

2014/10/1 入社  M26227さん【転職成功に関してコメント】

 

コンサルタント 藤川 靖宏

50歳代前半の男性。製薬会社の営業マネージャーとして勤務していたが、一MRとして現場で活躍したく転職活動を開始。

コントラクトMRにターゲットを絞り活動をしたものの、当初は年齢がネックとなり該当するプロジェクトの求人がほとんどなくなかなか決まらなかった。しかし、自身のMRとしてのキャリアを整理し面接で十分自己アピールに臨んだ結果、ついに某CSOの経験を十分に活かせるプロジェクトの求人で内定を獲得することが出来た。

 

【ポイント】

・ベテランMRとしての実務経験はもちろんマネジメントの経験も持ち合わせていた。

・CSOでの就業に対して迷いがなかった。

・新薬に携わった経験が豊富であり、該当プロジェクトさえあればチャンスのある人材であった。

・該当するプロジェクトの求人が発生するまで根気強く活動を継続した。

・時期的に、ご経験領域に参入する製薬企業がいくつかあり、シニアな方でも領域経験が豊富であればコントラクトMRとして採用を検討するという環境的要因にも恵まれた。

 

【コンサルタントから一言】

今回の事例は50歳代前半のMRさんがコントラクトMRとして採用されたという非常にレアなケースです。CSOの求人は一般的には40歳代までであり、50歳を超えた方が採用されるということはほとんどありません。ただし、ポイントの最後に挙げたように、その時期その時期の業界を取り巻く状況によって、ご経験次第では今回のような転職成功につながるパターンもあります。

もちろんその場合でもその候補者が優秀であるということが大前提にはなりますが、一般的には例外の事例に入りますので、50歳代の方の転職はくれぐれも慎重にお願いしたいと考えております。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop