ホームMR転職事例紹介 一覧(ベテランMR) > MR転職事例紹介 詳細(ベテランMR)

2015/1/14 入社  M26304さん【転職成功に関してコメント】

 

コンサルタント 

40歳代後半の男性。CSOMRとして勤務していたが、家庭の事情により退職。

その後仕事が再開できる状況になったため、再度MRとして現場復帰したくCSOへの再就職活動を開始。

当初は年齢と離職期間、希望勤務地がネックとなりなかなか決まらなかったが、勤務地の希望を捨て、全国可能ということで求人案件を探したところ、勤務地の希望はかなわなかったものの、ついに経験を十分に活かせるプロジェクトの求人で某CSOにて内定を獲得することが出来た。

 

【ポイント】

・ベテランMRとしての豊富な実務経験を持ち合わせていた。

・新薬に携わった経験が豊富であり、該当プロジェクトの求人さえあれば、チャンスのある人材であった。

・勤務地の限定が難しいと判断するや、全国勤務可能で活動を切り替える思い切りの良さがあった。

・該当するプロジェクトの求人が発生するまで根気強く活動を継続した。

 

【コンサルタントから一言】

40歳代後半のMRさんは今転職市場で最も多くお見受けします。

製薬企業を早期退職で辞められた方がこの年齢層に多く見られることが一番の理由ですが、この方のように、ご両親の健康問題などがクローズアップされてくる年齢層でもあることもその要因にありそうです。

そのため、この年齢層の候補者同士の競争が激しくなり、内定へのハードルもまた高いものになってしまいます。そのためには自らの希望を少しでも緩和することが内定獲得への近道となります。

もちろん候補者本人が優秀であるという前提のもとでのお話になりますが、

希望勤務地を限定ではなくある程度広げてみる、希望プロジェクトからジェネリックや局法品や貼付剤を除外するようなことを避ける、年収のこだわりを持たない、など条件を制限しない努力が求められると思われます。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop