ホーム > MR転職事例紹介 一覧(女性MR)

MR転職成功者の実例

MR転職専門の求人サイト「MRジョブ」はサイト開設以来、530名以上のMRの方々(未経験者を含む)を転職成功に導いております(2015年7月現在)。MR転職の状況や秘訣をご紹介させて頂きます。

  • 女性MR
  • キャリアアップ
  • 未経験
  • ベテランMR

女性MRの転職

女子サッカー、女子レスリングを引き合いに出すまでもなく、昨今の女性の各方面での活躍は目を見張るものがあります。一般的に女性には、粘り強さ、継続力、気使い、など男性がやや弱いと思われる部分に強みがあると言われております。MRの世界でも、女性MRには優秀な成績を収めている方が多く、労働人口の減少という大きな課題を抱えるわが国において、優秀な女性MRの確保・長期雇用は企業側にとっても非常に重要なテーマとなっております。

女性MRを取り巻く環境 過去~現在

女性には「結婚」「出産」「育児」というライフイベントがあり、かつては「結婚」を機に退職される方がほとんどでした。しかし、今は働く女性を支援する制度が以前に比べかなり整備されてきており、結婚後も継続して仕事をされる女性が多くなりました。そればかりか、「出産」「育児」を経てまた職場に復帰される女性も増えています。

MRの世界も同様です。私(藤川)がMRになった1987年(昭和62年)当時は社内に女性MRは1人もおらず、担当エリアを見渡しても他社の女性MRが1人だけという状況でした。ところが現在では、2013年度(平成25年)時点で女性MRは全国に約9,000人、約13.8%、約8人に1人が女性MRという時代になりました。今後さらに女性MRの比率は増えていくと思われます。しかし、以前に比べて格段に改善されたとはいえ、女性MRを取り巻く職場環境は、まだまだ改善の余地があります。具体的には、国内系企業に見られがちな男尊女卑の企業風土、妊娠中や育児中の就業に対する一部社員の理解不足、自分あるいは配偶者が転勤になった際の別居生活のリスクなど、様々な問題点がありますが、ここではそのような女性MRの転職活動という観点から考えてみます。

< 外資系製薬企業 >

今現在MRとして就業中の女性の中には、他の社員よりも優れた成績を出しているのに社内的な評価が低い、という不満を抱えている方もいるのではないでしょうか。現在中途採用をかけている製薬企業は外資系が主体ですが、外資系製薬企業は実力主義ゆえ、性別に関係なく実力のあるMRは評価され、積極的に管理職にも登用されています。そのような実力主義のフィールドに移って、ご自身の実力に見合った評価を受け、十分なモチベーションをもってMR活動をされるということも選択肢の一つではないかと考えます。これら外資系製薬企業は女性MRを支援する制度を積極的に設け、女性MRが長く働けるように、既婚女性MRに対しては転勤の配慮をする会社や、出産後の職場復帰を支援する会社も現れてきています。

< 時短MR >

女性MRの転職活動における最大の問題のひとつが、育児中の女性MRの中途採用のハードルの高さではないでしょうか。企業側も既に雇用している女性社員が上記のようなライフイベントにぶつかった際の制度への対応は進めておりますが、そのようなライフイベントに当たっている女性MRを積極的に採用するという段階にまでは、現時点では残念ながら達していないようです。しかし、そのような女性MRにも転職のチャンスがあります。

それは時短MRというポジションです。1日5~6時間勤務で、担当エリアも自宅から車で十分通勤可能な場所を設定していただき、MRとして就業するのです。フルタイムに比べて年収は安くなりますが、好きなMRの仕事を再び出来るということで、選択肢の一つに入れられる女性MRの方も多くおられます。このポジションは、CSOのプロジェクトや一部製薬企業のMRポジションとして求人があります。

< コントラクトMR >

また、配偶者が転勤になった際の別居生活という問題に対しましては、CSOのコントラクトMRに転職することで解決できる可能性があります。CSOは希望勤務地を考慮していただけますので、プロジェクトの切れ目で配偶者の転居先の担当エリアにプロジェクトを切り替えていただくということが考えていただけます。

女性MRを取り巻く環境 将来に向けて

現在、就業中の女性MRへの支援体制はもちろん、今後はこのような女性MRの転職が積極的に行われるよう制度が整備されていくことに期待したいところです。それがしいては、日本の抱える少子高齢・労働人口減少社会という難問に対する解決の一助となりうると考えます。

女性MR転職成功者の実例

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop