コラム

今や、製薬企業は画期的新薬を開発し続けなければ生き残れない時代です。

そのため、従来のように製薬会社が自前で研究開発から販売まで行うのではなく、バイオベンチャーと提携し革新的新薬を生み出そうという動きが以前にも増して顕著になってきました。

一般に大手の製薬会社になればなるほど末端の研究効率が低下していく傾向が見られます。

これは、安定した収益を上げる必要性が何よりも優先され、開発リスクの高い初期段階の研究開発よりも商品化の見通しが立っているあるいは立ちやすい研究に注力するという傾向が出てくるからでしょう。

日本の大手製薬会社がこぞって降圧薬、脂質異常改善薬などの研究開発に注力していたのは、まさにそのような背景があってのことに他なりません。そのため、がんや中枢神経疾患、自己免疫疾患など、高度な開発力を必要とする領域の革新的新薬(特に抗体などバイオテクノロジーを駆使した医薬品)の開発に遅れをとってしまっていたのです。

今後の医薬品開発には、ゲノム、プロテオミクスといったバイオインフォマティックスに代表されるような専門的かつ細分化されたテクノロジーが必要になっており、巨大製薬企業といえども、全ての最先端テクノロジーをカバーするのは不可能というものです。

そのため、大手製薬会社は、リスクの高い初期研究を専門的テクノロジーをもつバイオベンチャーに肩代わりさせ、その開発品を臨床ステージに乗せられる見込みがついた段階で、バイオベンチャーからその開発をバトンタッチして引き受けるという方法をとるようになってきたわけです。

大手製薬会社としても、初期段階の研究成果が実際の医薬品にまで結びつく可能性は非常に低いため、開発プロジェクトの初期のマイルストーンを低めに抑えた契約を結べば経費の削減、リスクの分散につながりますし、バイオベンチャーにとっても、開発・製造・販売のような後期段階のインフラと初期研究のそれとは全く異なり、全てをそろえることは到底不可能ですので、これはお互いにとってメリットのある関係性と言えるのです。

 

逆に言うと、バイオベンチャーにとって重要なことは、自社のテクノロジーを駆使して、創薬の開発段階まで持っていき、そこで製薬会社とよりいかに良い条件で提携をするかということになります。

今や、バイオベンチャー抜きでの創薬ということは考えられません。

現に世界の売上上位を占める抗体医薬品のほとんどがバイオベンチャー発と言っても過言ではありません。

たとえば、関節リウマチに使われる抗体医薬品の「レミケード(一般名:インフリキシマブ)」。これはTNF-αと言われる炎症物質に対するモノクノーナル抗体ですが、これはもともとバイオベンチャーの米国セントコアが作ったものですし(のちに同社を米国ジョンソン&ジョンソンが買収)、同じく関節リウマチに使われるバイオ医薬品「エンブレル(一般名:エタネルセプト)」。これは2001年に巨大バイオベンチャー米国「アムジェン」に買収されることになる米国「イミュネックス」がオリジンの医薬品です。

同様に、大腸がんなどの治療に使われる抗VEGFモノクノーナル抗体「アバスチン(一般名:ベバシズマブ)」、乳がんなどに使われる抗HER2モノクノーナル抗体「ハーセプチン(一般名:トラスツズマブ)」は元祖バイオベンチャーとも言うべき米国「ジェネンテック」が親会社ロシュの潤沢な資金力に支えられて生み出した医薬品です。

しかし、もちろんバイオベンチャーの全てが成功を収めているわけではありません。

むしろそのほとんどが赤字経営に耐えられず消滅しているか、消滅しかかっている企業ばかりというのが現実でしょう。特に日本ではバイオベンチャーの多くが失敗しているように見受けられます。

成功した企業と失敗した企業では一体何が違うのでしょうか。

成功した企業を良く見ていくとはっきり見えてくるのは、その会社に明確な「ビジネス戦略」があるということです。

ビジネス戦略とは具体的に言うと、

○まず、自分たちの持つ知識・テクノロジーを活用するとどのような医薬品を作り出すことが出来るのかを考える。

○その医薬品がどのような適応症を得られるかを考える。

○その適応症の患者数から予測される医薬品の市場規模がどのくらいかを考える。

○自社でその医薬品を開発したらどのくらいの時間と資金が必要になるかを考える。

○総合的に考えて、この医薬品を作って果たして利益が見込めるのかを考える。

ここまで考えて初めてビジネスとして成功する基盤が整い、そのビジネス戦略に沿った特許戦略を確立でき、自分たちの知識・テクノロジーについて独占的権利を確保できるということではないでしょうか。特に日本のバイオベンチャーの多くは、「テクノロジー第一主義」に走り、出口を深く考えず設立し、その結果失敗することが多いようです。

次回はその数少ない成功したバイオベンチャー、そして今やベンチャーとは言えない大手製薬会社の規模にまで成長したベンチャー企業のお話をしたいと思います。

 

コンサルタント:藤川

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop