コラム

エムスリーはグループのメディサイエンスプラニングCSO事業を分社化し、新会社を10月に設立する。医薬品の知識に加えてインターネットを活用するスキルを身に付けたコントラクトMR「メディカルマーケッター(MM)」を養成し、5年後に1000人規模の体制を目指す。M 
新会社の名称はエムスリーマーケティング。101日から営業を開始する。
 
 エムスリーが提供する約25万人の医師が会員となっている医師とMRのコミュニケーションを支援するツール「MR君」を展開しており、このインフラを利用してMMが面会困難な医師らへのアプローチを強化。eディテールを通じて医師らとの信頼関係を築き、実際の訪問にもつなげる。現在はこれらの事業を試験的に展開しており、製薬企業からの引き合いもあるという。
 新会社の社長に就く沖野公秀氏は「MRに変革が必要だ」と強調する。医療機関の訪問制限や接待制限などでMRが医師らに実際に会って情報提供する機会が減少する中、従来のMRに必要とされる高いコミュニケーション能力に加えてeディテールのスキルを組み合わせた新たなMRが必要との考えを示した。
現在MRは約150人だが、質の高い人材を確保し、研修を充実させることで5年後に1000人規模の体制を目指す。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop