コラム

日本にCSOが誕生して今年で17年目になります。日本CSO協会によりますと昨年2014年度のコントラクトMR数は、4,148名(前年比16.8%増)と、全MR数に占める比率も6.3%へと拡大しております。

国内の製薬会社が、大型製品の特許切れや国によるジェネリック製品の使用促進などでMR数を減らしている中で、このようにコントラクトMRが増え続けている要因は国内系・外資系を問わず大手製薬会社がコントラクトMRを導入しているだけでなく準大手の製薬会社もコントラクトMRを活用するようなったこと、抗体医薬品やジェネリック医薬品、長期収載品を扱うMRが増えたことでコントラクトMR数が増えた要因になったようです。

 

今後のCSOはスペシャリティ領域MR(オンコロジー、CNS、免疫系、オーファンドラッグの担当など)や、KOL向けにアカデミックな情報提供を行うメディカルサイエンスリエゾン(MSL)や、看護師経験者によるクリニカルエデュケータ―などの新しい取り組みをして、患者の掘り起しなどクライアントの要望に応じる新規事業にも幅を広げている。

 

また、MRが将来性を考えた際に、一生MRの仕事を続けるだけでなく、多様な職種の選択肢を提供することが出来ることがCSOの強みになっているからではないかと考えます。

その証拠に、昨今のCSOはコントラクトMR事業だけでなく、臨床開発事業も行っている

CROとも統合したり、調剤薬局グループ、IT企業とホールディングス会社を設立する傾向や、総合商社の参画、老舗の外資系企業などがあり、現職のMRが将来を見据えた場合には、もちろん個々の能力に差があるので一概には言えなませんが、MRの経験を活かしてプロジェクトごとにコントラクトMRを管理・指導する【プロジェクトマネジャー】や、【市販後調査(PMS)】、【MSL】などの他にも内勤職として【採用担当】や【教育研修担当】、【営業担当】へのキャリアチェンジも考えられますし、ホールディングス会社ではCRO事業(臨床開発部門)、SMO事業への社内異動のシステムも整いつつあります。薬剤師資格がれば調剤薬局での薬剤師としての勤務も考えられる訳です。

このように各CSOはMR以外の道も用意できるよう、それぞれ特色のある幅広い展開をしています。

 

 

 

 

 

主なCSOの沿革

 

IML株式会社

2000年に設立されたIML株式会社は、総合商社である伊藤忠商事株式会社の100%資本の企業である。2005年にはPET事業開始 ※[PET(陽電子放出断層撮影)事業]

2008年にCSO事業開始し、2009年キャプラン株式会社メディカル事業部と事業統合している。

 

アプシェ株式会社

2002年設立のアプシェ株式会社は、ITホールディングス株式会社(資本金100億円)の

グループ会社であり、関連会社(株式会社アグレックス、アルメック株式会社、メディカル統計株式会社)も要し、2016年1月ACメディカル株式会社と統合することになっている。

 

アポプラスステーション株式会社

1993年に設立されたアポプラスステーション株式会社は、2000年にCSO事業を開始し

2012年にはクオールSDホールディングス株式会社(100%資本)のグループ企業となる。

グループ企業として他にも、 調剤薬局534店舗(2015年3月現在)や、クオールRD株式会社、メディカルクオール株式会社がある。

 

株式会社EPファーマライン

MR数約410名の株式会社EPファーマラインは、1997年に株式会社サイバーメディカルネットとして設立され、2015年1月にはEPSグレープであるEPSホールディングス株式会社のCSO事業として中核事業会社として継続しています。

EPSホールディングス株式会社のグループ会社にはCRO事業(イーピーエス株式会社など)や、SMO事業(株式会社イーピーミント)、CPO事業(EPI株式会社、ジェイクルーズ株式会社、EPI山梨株式会社)、GR事業(EPSインターナショナル株式会社)、益新事業(EPS益新株式会社)、シェアードサービス(株式会社イーピービズ)などがある。

 

インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社

MR数680名(※2014年7月現在)のインヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社は、

2007年に設立(※前身:2009年設立のインヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン株式会社​)

世界70拠点、社員14,000人の世界的なヘルスケア・リーディング・プロバイダーである

インヴェンティヴ・ヘルス・グループの一員である。

インヴェンティヴ・ヘルス・グループは、研究・臨床開発、営業・マーケティング、ブランディング、コンサルティング、市販後調査などを行う米国のCSO業界では、シェアNo.1を誇る企業である。

 

エムスリーマーケティング株式会社

2014年にエムスリグループの一員として設立されたCSO事業のエムスリーマーケティング株式会社、CRO事業には株式会社メディサイエンスプランニングがあるエムスリー株式会社100%資本である。

クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社

1998年に、米・クインタイルズ・トランスナショナル・コーポレーションの日本法人として設立。 前身は1993 年に設立されたクインタイルズ・アジア Inc.

1993年に日本で初めて本格的なCRO事業をスタート

1998年には、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンとなりCSO事業も加わる。 2013年、日本市場におけるグローバルCRO及びグローバルCSOとして業界を牽引して    CRO事業開始20周年、CSO事業開始15周年を迎えた。

シミック・アッシュフィールド株式会社

1985年に設立されたシミック株式会社は、1992年に日本で最初の CRO 事業を開始し、2000年には株式会社シーアイエム(シミックMPSSの前身)が設立され、2005年シミックCP 設立により、コントラクト MR 事業開始。2012年にはAshfield 社日本法人とCSO 事業における業務提携契約を締結し、2014年Ashfield 社日本法人がシミックMPSS に資本参加し、シミックホールディングスとUDGヘルスケアによる合弁会社として、シミック・アッシュフィールド株式会社となった。

 

                            コンサルタント  森

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop