コラム

<次世代シーケンサー登場の衝撃>

MRのみなさんは「次世代シーケンサー」をご存知でしょうか。

オンコロジー専門MRの方以外にはあまりなじみのない言葉かもしれません。

 

前回のMRコラムで、「個別化医療」の創薬における「バイオマーカー」の具体例を書かせていただきましたが、今、このバイオマーカー探索に最も威力を発揮しているのが、実はこの「次世代シーケンサー(NGS:Next Generation Sequencer)」と言われるハイテク機器なのです。

 

本日はこの「次世代シーケンサー(以下NGSと略称)」とはどんなものなのかというお話をさせていただきたいと思います。

と言うのは、このNGS、個別化医療の進展も含めたいわゆる「パーソナルゲノム」時代の到来に伴い、近年、医療の世界にどんどん進出して来ているからです。

 

シーケンサーとは、簡単に言ってしまうと、DNAのシーケンス(配列)、つまりA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の塩基配列を調べる機器のことです。2003年に完了した国際ヒトゲノム計画では、30億対にも上る人間のDNA塩基配列をこのシーケンサーを使って約10年かけて解読しています。

 

しかし、その後テクノロジーの飛躍的進歩により、キャピラリー型と言われる従来のシーケンサーよりはるかに速く塩基配列を解読出来るシーケンサーが、2005年以降続々と登場するようになります。それら超高速シーケンサーこそ、従来型シーケンサーに対し、「次世代シーケンサー(NGS)」と呼ばれるものなのです。

 

NGSの最大の特徴は、従来のキャピラリー型がサンガー法と呼ばれる電気泳動を必要とするシーケンシング手法をとっていたのに対し、NGSはそれとは全く違う手法をとることにより、従来型の数十倍のスループットと言われる飛躍的なシーケンシングが可能となったことにあります。

 

NGSの先陣を切ったのは、米国の「454ライフサイエンシズ」というライフサイエンスベンチャーで、2005年世界初のNGS「454」を発売、業界に衝撃が走りました。

これがビッグバンとなり、それ以降ライフサイエンス各社は、「より高速」、「より正確」、「より低価格」を目指し、競ってNGS開発に乗り出していくことになるのです。

 

 

<NGSプレイヤーたちの買収合戦>

ここでは、次世代シーケンサー(NGS:Next Generation Sequencer)登場後のNGSメーカーを巡る一連の流れとその概略を書いてみたいと思います。

 

2005年に米国「454ライフサイエンシズ」が世界初の次世代シーケンサー(NGS:Next Generation Sequencer)を発売した衝撃は大変なものでした。

 

2007年、ワトソン博士(DNAの二重らせん構造を発見したことで有名)は、454ライフサイエンシズのNGS「454」により自らの全ゲノム解読を行ったことを発表します。

この時解読にかかった時間と費用はわずか2か月、100万ドルであり、国際ヒトゲノム計画が13年、30億ドルかかったことに比べると、そのテクノロジーの飛躍的進歩は一目瞭然でした。

 

ワトソン博士の発表で世界が騒然とするまさにその最中、製薬大手スイス「ロシュ」は454ライフサイエンシズを1億5490万ドルで買収、世界初のNGS「454」は現在の「Roche GS」へと受け継がれます。

現在、ロシュが製薬業界で「個別化医療」の最前線に立っている理由のひとつは、「パーソナルゲノム」時代の到来とNGSの医療応用の重要性にいち早く目をつけ、その獲得のための戦略的M&Aを打ったことにあります。将来の業界動向を早期に的確に読み切る目利き力は、さすが世界のロシュと驚嘆せざるをえません。

 

一方、もともとマイクロアレイに強みを持っていた遺伝子解析メーカーの米国「イルミナ」は、2006年、NGS「Solexa」を発売した英国「ソレクサ」を買収し、今やSolexaの後継品「Illumina GA」そして「HiSeq」「Miseq」は世界中で最も使われているNGSとなっています。

そして2012年、そのイルミナに対し、なんと今度はロシュが買収を仕掛けるというニュースが業界を駆け抜けます。しかし、イルミナの経営陣はこれを徹底拒否、結局ロシュはイルミナ買収を断念することになります。

 

また、米国「ライフテクノロジーズ」の前身「アプライド・バイオ・システムズ」(国際ヒトゲノム計画でも使われた世界初の全自動キャピラリーシーケンサーを生み出したライフサイエンス企業)は、イルミナに対抗する形で、ライゲーション法と言われるシーケンシングを採用した「SOLiD」を発売します。

その後2008年、試薬メーカー「インビトロジェン」への統合により社名を「ライフテクノロジーズ」と変えましたが、2014年、米国「サーモフィッシャーサイエンティフィック」に買収され今日に至ります。

 

以上、「ロシュ(旧454ライフサイエンシズ)」「イルミナ(旧ソレクサ)」「サーモフィッシャーサイエンティフィック(旧ライフテクノロジーズ)」の3社が、現在NGSの主要3社と言われていますが、その背景にはこのような壮絶な買収合戦があったのです。

 

しかし、次世代の中でも第2世代と言われるこれらNGSの背後には、第3世代、第4世代と言われる、シーケンシングにDNAの増幅を必要としない新たなNGSの開発が迫っていたのです。

 

続きはまた今度・・・。

 

 

コンサルタント:藤川

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop