コラム

MRの管理職って必要なのでしょうか?必要とされる管理職を目指しましょう。

 

【MR管理職の使命】

所属する課が、目標達成すること。部下が、個人目標を達成することをサポートすることです。所属する営業所や支店の売り上げ目標が達成するために課の目標達成をすることです。管理職は、所属する一般職の生活を守ることも役目でしょう。自分さえ給与が上がればいい。自分だけが出世すればいい。と考えている管理職は要らないでしょう。

 

【部下の成功は、部下の業績。部下の失敗は、管理職の失敗。】

新人MRも経験を積み、新しい試みを実施しようと考えます。懐の深い管理職ですと、よっぽどの理由が無い限りは、チャレンジを勧めます。しかし、新しい試みだからこそ【失敗】や【トラブル】の発生が、相反して起こることも予想されます。新しい試みが思わしくない状況になり、そのような時に部下が管理職に報告できる良い関係を築くのも必要であると思います。それを実現されている方も実際居ります。成功する為に管理職がいろいろな方法を駆使してサポートするのは当然のこと。これを面倒くさいと感じる管理職ってどうなのでしょうか?問題が大きくなる前に管理職が一緒に対応する。良い方向に行くようにさらに問題を無くすために実施するのです。当たり前のことかもしれませんが、中々実施されていません。部下の成功は、私のサポートのお蔭。部下の失敗は、部下のやったこと。と上司に報告する管理職ってどうなのでしょうか?沢山いると思います。いつか、正当な判断がされるでしょう。

 

【できるMR管理職】

まずは、部下のモチベーションを高めることができるかどうかでしょうか?

どうすればできるのでしょうか?

サポート・指導される上でも「この管理職からの指導であれば納得できる」と思われる管理職は、優秀な管理職として評価され、「個人としてMR行動が素晴らしいと思えない管理職の指導」は受け入れられないと思い、部下はその管理職を低く評価すると思われます。

どんな管理職が優秀なのでしょうか?

試行錯誤してよく頑張った部下には、「よくやった!」の一言で良いから述べる。中々、管理職自身が褒められた経験が、無ければ部下を褒めることができない光景も良く見た経験があります。

残念ですね。懐の狭い管理職ですね。依然指示したことについて全く違うことを話す管理職 いますね。いやですね。ポリシーが無いのか?と言いたくなりますよね。

チームや課の業績が向上したときに「君たちのお蔭だよ」と言える管理職。実際、一般職がそれなりに頑張ったのですから当然ですよね。でもまったく言えない管理職は居ます。

また、中々うまくいかなかった場合には、自己を反省する管理職。なぜ、管理職である自分が、部下をサポートできなかったか?もっといろいろなアクションがあったのではないかと考える管理職。素晴らしいですよね。

それから、部下がお世話になっている得意先・これから部下が攻略を考えている得意先には、自ら足を運んで営業するのが管理職ではないでしょうか?それができない管理職も多い。営業所長や支店長から支持されて実施する管理職 ダメですよね。

 

【MR管理職の仕事量が多いのは当然】

よくMR管理職が、「仕事量が多くて大変だ。」と良く耳にします。

MR管理職が仕事量や責任が多いのは、当然です。在籍企業からお給料を部下よりもたくさん頂戴しているからです。その事実に反して、MR管理職は、「俺はこれだけの業務をしているにもかかわらず、君たちはもっと業務しなさい。」と言う。「こんな素晴らしいMR管理職になるためには、もっと業務をするべきだ。」と部下自らが思うMR管理職にならなければならないと思います。鉄則です。逆にこんな風になってはいけないと思うことも少なくないと思います。

 

【MR管理職の方、部下の訪問先 すべてに面識はありますか?】

記録だけではなく、実際 顧客に部下とともに同行して状況把握していれば問題ありませんが何も面識がない管理職も少なくありません。顧客は、上司が来るというので喜び半分・できる人材かどうか判断します。「あの上司だったらもう来なくていいよ。」とドクターから言われることも少なくありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?正解はありませんが、部下の担当施設は管理職自身の担当先だと思い、対応するのが当然ではないでしょうか?

部下を管理するという意味でなく、顧客を部下とともに攻略する・フォローすることが必要だと思います。いかがでしょうか?

 

営業所長や部長 支店長など上司との関係を築くのも大変だと思います。大変なのは当然ではないでしょうか?どうでしょうか?MR管理職の方 もう一度 一般職時代の考えに戻られ【理想の管理職とは】お考えになられてはいかがでしょうか?一般職のマイナス要因をいつも考えるのではなく、プラス要因を考えて伸ばしていくことを考えましょう。

 

コンサルタント:千川

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop