コラム

2015年度4月~9月期の専業大手3社と、新薬系薬局系13社の後発品メーカーの業績が発表されましたが、後発品メーカーも政府の後発品促進策の追い風を受け、後発大手専業3社は対前年伸長率21.9%、新薬系薬局系企業の伸長率対年々9.9%と2社を除いて順調な業績を上げました。オーソライズドジェネリック(AG)やバイオシミラーのなかでもG-CSF製剤を持つ企業や剤型改良できる技術力のある後発品メーカーは好業績を上げました。 残念ながら外資系ジェネリックメーカーは決算期の違いと非開示のところもありますので集計できませんでしたが、おおむね順調に売り上げを伸ばしているようです。同時に国内上場主要製薬企業27社の決算も発表されたが、こちらは前年同期比7.6%と復調したようにみえますが、実際は国内は微増で、長期収載品の落ち込みを大手製薬企業の大半が海外売上(前年同期比16.1%)で稼ぎだした数字です。海外売上のない中堅クラスメーカーは後発品で稼いでいる状況がより鮮明になりました。この状況は2020年までに後発品シェアー80%の政府目標が掲げられている限り続くことが予想されますが、シェアーアップに伴いジェネリックの薬価算定ルールが見直され、収載時の薬価ダウンで収益力の低下はあるにしても、日本の医療現場は革新的な新薬と、安価で高品質なジェネリック医薬品を求める傾向に変わりはありません。MRの転職先も新薬志向からジェネリックメーカーを希望する方が徐々に増えてきたのも自然の成り行きですね。

武田薬品工業とテバ製薬の合弁のジェネリック医薬品ビジネスに参入することから、大手製薬メーカーもジェネリック市場は無視できない状況と言えます。

今後はアステラス製薬がどのようにジェネリックに対する戦略を考えるか。順調にブロックバスターが育っているので、創薬志向で今まで通りいくのかを注目したいところです。

ジェネリックメーカーの某社の社長様が言われておりました。医療費控除の特定疾患で使用されているから現在なかなか切り替わらないバイオ製剤も、バイオ医薬品(バイオシミラー)のAGを出せば、確実に切り替わりシェアートップは間違いないと・・・・。 バイオシミラーは新薬とほぼ同じ開発で開発コストはジェネリック低分子医薬品の30~100倍かかると言われております。さて、バイオシミラーのAGを出す開発力のあるジェネリックメーカーはどこでしょうか。

*国内系後発医薬品企業 売上ランキング

15年度4月~9月   *参考:日刊薬業

     

会社名

売上(百万円)

伸び率(%)

1

日医工

68,987

13.2

2

沢井製薬

58,958

17.4

3

東和薬品

39,162

17.0

 

 

 

21.9

4

Meiji Seika ファルマ

20,700

16.9

5

日本調剤

15,367

14.8

6

日本ケミファ

14,623

2.0

7

エルメッド エーザイ

13,200

5.6

8

日本化薬

11,600

18.4

9

あすか製薬

10,793

▲0.3

10

第一三共エスファ

8,600

25.7

11

キョーリン製薬HD

7,393

▲5.1

12

田辺製薬販売

6,600

2.6

13

科研製薬

6,584

8.8

14

持田製薬

4,700

34.0

15

扶桑薬品

2,735

2.5

16

わかもと製薬

1,337

5.0

 

 

 

9.9

 

国内上場主要製薬企業 売上ランキング

 15年度4月~9月   *参考:日刊薬業

 

会社名

売上(百万円)

伸び率(%)

海外売上高

伸び率(%)

海外売上比率(%)

1

武田薬品工業

904,049

6.2

559,200

13.6

61.9

2

大塚HD

745,804

1.6

444,400

▲0.2

59.6

3

アステラス製薬

687,501

15.7

440,400

23.3

64.1

4

第一三共

478,777

11.4

221,700

23.6

46.3

5

エーザイ

275,503

2.4

126,180

10.1

45.8

6

中外製薬

240,178

8.2

46,800

31.1

19.5

7

田辺三菱製薬

201,729

1.4

50,900

25.2

25.2

8

大日本住友製薬

198,926

11.6

104,600

29.8

52.6

9

協和発酵キリン

178,837

10.5

56,000

21.5

32.3

10

大正製薬HD

145,984

2.9

15,886

17.8

10.9

11

塩野義製薬

138,279

6.5

49,700

30.1

35.9

12

参天製薬

97,873

36.1

27,471

88.0

28.1

13

久光製薬

82,428

7

24,312

36.9

29.5

14

小野薬品工業

70,303

12.7

1,300

44.4

1.8

15

科研製薬

54,973

24.3

5,120

72.6

9.3

16

ツムラ

54,560

3.5

 

 

 

17

キョーリン製薬HD

52,386

2.5

600

100.0

1.1

18

持田製薬

45,361

7.0

0

0.0

0.0

19

日本新薬

39,713

8.1

788

 

2.0

20

キッセイ薬品

33,595

▲2.9

3,114

▲22.8

9.3

21

ゼリア新薬工業

30,343

0.7

 

 

 

22

鳥居薬品

293,434

9.3

 

 

 

23

扶桑薬品工業

23,250

▲0.9

0

0.0

0.0

24

あすか製薬

21,107

▲9.0

 

 

 

25

日本ケミファ

17,428

▲0.3

 

 

 

26

生化学工業

15,954

12.0

6,013

39.2

37.7

27

わかもと製薬

5,429

4.2

424

▲34.6

7.8

 

合計

4,869,404

7.6

2,184,908

16.1

46.3

 

作成  杉本

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop