コラム

ギリアド・サイエンシズは、ジェノタイプ1型の慢性C型肝炎治療用配合薬レジパスビル/ソホスブビルを承認申請した。インターフェロンやリバビリンが不要な、1日1回1錠、12週間の経口投与による治療法となる。審査が順調に進めば、2015年中に発売される見込み。
同配合薬の申請データは、治療終了後12週時の持続的ウイルス学的著効を達成した。SVR12を達成した患者はC型肝炎ウイルス感染が治癒したものと考えられるとしている。
海外データでも、未治療の患者▽プロテアーゼ阻害薬を含む前治療で効果が得られなかった患者 代償性肝硬変が認められた患者――に対して同配合薬を投与した結果、94~99%がSVR12を達成している。同配合薬は米国やEUなどで申請中。
MR150人体制で国内初進出、承認取得後は、肝臓専門医への情報提供活動に注力する方針。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop