コラム

バイエルと参天は、加齢黄斑変性などに用いる薬剤アイリーアの適応に「病的近視における脈絡膜新生血管」を追加する承認を取得したと発表。脈絡膜新生血管は、後眼部に病的な変化を伴う強度近視から網膜に異常な新生血管が急速に形成される網膜疾患で、治療しないと失明に至る場合もある。同剤は、新生血管の発生に関与するVEGFを阻害し、異常な新生血管の成長を抑える作用を持つ。

治験成績は、日本も含むアジアで行われたフェーズ3試験では、患者122例について二重盲検で偽注射群と比較したところ、24週目の時点にてアイリーア投与群で偽注射群を有意に上回る平均視力変化の改善効果が示され、その効果は48週目まで続いた。

同剤の販売は参天が行い、両社でコ・プロする。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop