コラム

―なでもかんでもは?―

 

― 製薬企業選び・・・プライオリティの高い企業から ―

基本的なことですが、MR転職において、応募する製薬企業の選択は非常に重要です。

数多いMR求人企業から応募先企業を選ぶわけですが、企業選びにあたり、まずはプライオリティの高い企業から応募することです。転職紹介会社の中には『なんでもかんでも手当り次第』に応募先企業を提案し、応募を奨めるところがありますが、現在離職中で一日も早く就業しなければ、経済的にも窮地に追い込まれている方は別ですが、現職の方が4社も5社もまたそれ以上の企業応募を同時に応募することは将来のことを考えると転職者にはマイナスです。なぜなら、一度応募し、『断られた』『あるいは辞退した』企業は2度と応募できません。もしものことを考えると、将来何があるか分かりません。プライオリティの低い企業は始めから応募しないほうが無難です。その意味では応募企業は慎重に選びましょう。

また、転職希望者の中には『なんでもかんでも手当り次第』に応募されていて自分でも過去に受け、書類選考で不合格になった先を忘れて、再度転職コンサルタントに応募を依頼する方がおります。・・
もちろん、書類選考は通るわけはありません。これでだけは我々転職コンサルタントとしては避けていただきたいとお願いする次第です。

転職には皆様だけでなく、企業側の面接官、そして我々転職コンサルタントの忙しい貴重な時間を使うのですから、・・・・・・・・・・

 

―プライリティの高い企業を選ぶには―

MRとして担当地区を回っていると、MR同士の情報交換から景気のよさそうな自分の行きたい企業は大方目安がつくはずです。ただしそれだけ情報からの企業選びで大丈夫でしょうか。今後の新薬のパイプラインなどの将来性や、年収、日当、住宅手当や休日などの福利厚生、希望勤務地が叶うか、転勤の頻度など、転職紹介会社から紹介企業の将来性を分析した詳細な企業情報を必ずもらうことです。その上で、転職コンサルタントとご相談のうえ、応募する企業の優先順位を明確にすることです。また必ず第一希望の企業から内定を頂くようにスケジュールの調整、管理もプロの転職コンサルタントに依頼することです。その依頼も口頭や電話でなく、メールにてプライオリティの順番を企業名記載することです。個人応募では管理できないスケジュール調整も、コンサルタントであればプライオリティの高い順で選考を進めることができます。

これが無駄な時間を費やすことなく、最小限の時間で転職を成功にもつながります。

(作成 杉本)

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop