コラム

― 間違いなく質問される内容 <目標数字と実績数字> ―

・意識してMR活動しているか?
・直近で結構ですので、過去1~2年に関しては、【目標(予算)】-【実績】―【達成率】―【対前年比】は、きちんとお話しできるように準備しておきましょう。

【実績】 【達成率】 【対前年比】 全ての実績の良いMR転職希望者は、評価が高いと思われますが、その数字の良い理由を説明できなければ単なる偶然の結果と判断されマイナス評価となります。逆に【実績】 【達成率】 【対前年比】が、思わしく無いMR転職希望者は、その原因と対策をきっちり行っていることをお話することが出来れば好評価を得ることが出来ます。

実績が良いMR転職希望者でも偶然やたまたまの結果であることも少なくありません。実績が良くない方でも対策や取組みをお話することが出来れば良い評価を得られますので、自信を持って臨みましょう。

― 「PDCA」 サイクル 〔「P = Plan」  「D = Do」  「C = Check」  「A = Action」〕 ―

最近では、「PDCA」 サイクル の前に 「R = Reserch」 が必要とされています。

- 例 -

Planを作成する場合、担当エリアや担当病院の状況を把握する必要があります。

・担当エリアや担当病院での自社だけではなく他社も含めて全製品がどれだけ売れているか調査します。

・自社製品・他社製品の売り上げの位置づけを確認します。

・すべて自社製品になることはなかなか難しく不可能かもしれません。

しかしながら調査の結果、どこのメーカーが強いのか?その施設との関係度合いはどうなのか?その施設は他社メーカーの薬剤は使わないのか?少しでも入り込める余地は無いのか?ターゲット先は?方法は?いろいろなことを考えなければなりません。その経過を面接で自信を持ってお話ししましょう。

あくまで市場を把握してから、「PDCA」 サイクルを実施したご経験をお話ししましょう。

 

☆実際のMR転職の活動者は自社の将来性 ―新薬が出ない― よって担当地区で苦戦をされているから将来有望な新薬パイプラインを多く持つ製薬企業への転職を希望します。よって実績は未達でも

「R-PDCA」 サイクルをどのように取り組んだかを話せるMRは転職成功できています。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop