コラム

面接の型式として、大きく4つのタイプに分けることができます。

 

【普通型】
その通り普通。
淡々と事務的に面接が進行します。

 

【Welcome型】
意図:面接官が、Welcomeな内容で面接することで MR転職希望者の気分をわざと良くします。
そこで、MR転職希望者が、調子に乗り話さなくても良いことをベラベラと話すかを見ている。(本音を聞きだし易い) 例えば、在籍している企業の内情など。(当然、現職の身であるので、在籍企業の内情・企業秘密を話すことはNG)

 

【無関心型】
意図:面接官が、わざとMR転職希望者に対して無関心な態度で接します。
MR転職希望者が面接官に関心を抱かせる内容をお話しできるか、雰囲気づくりを出来ているかを試しています。 医療現場では、分刻みでの面談とか、廊下を歩きながらの面談など、忙しい中時間を割いて対応して下さる医療従事者とのやり取りを想定しているからです。 わざとぶっきらぼうな対応して、どのように簡潔にお話し、工夫し面接官を引き付けるかのアピール力、気遣いやコミュニケーション力を見ています。

 

【圧迫型】
意図:ストレス態勢を見ています。
面接官が、MR転職希望者の話に対して否定的な発言をします。
その中で面接官は、MR転職希望者がどのように切り返すか確認しています。
面接官が、否定的なことを述べたら「いや違います。」と言いますか?それも医療現場での対応を想定しています。医療従事者が、否定的なことを述べたらどうしますか?そのことを鼻から否定してはいけません。でなければ医療従事者との会話はその時点でストップします。
「おっしゃることは分かりました。しかし、・・・・なのです。」と理論的に面接官を納得させ、理論武装した知識、能力や地頭の良さを面接官は見ています。

 

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop