コラム

小野薬品工業、次期主力品に位置付けるヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体「オプジーボ点滴静注20mg、同100mg」を発売した。効能・効果は「根治切除不能な悪性黒色腫」。
 オプジーボは、リンパ球を抑制するPD-1の働きを抑え、がん細胞を異物として排除、攻撃する免疫反応を亢進することで効果を発揮する抗がん剤。PD-1を標的とする治療薬は世界で初めての発売となる。通常、12mg/kg(体重)を3週間間隔で点滴静注する。

 同社はオプジーボの発売に当たり、約30人のがん専門MR部隊を新設。同規模の腫瘍免疫学術部隊とも連携しながら、適正使用推進のプロモーションを展開。製造販売後、一定数の症例データが蓄積されるまでの間、全症例を対象とした使用成績調査を実施することが承認条件。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop