コラム

サノフィは、10月1日付でサノフィグレーターチャイナ(中国・香港・台湾)ジェネラル・マネジャーのファブリス・バシエラ氏が社長に就任すると発表。

 モールディング氏は、サノフィ・グループのシニア・バイス・プレジデント ジャパン&パシフィックリージョン(日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド)を兼務していたが、バシエラ氏が引き継ぐ。 バシエラ氏はフランス国籍の46歳。パリ大薬学科卒、エセック経済商科大学院大学で経営学修士(MBA)を取得している。1995年にローヌ・プーラン ローラー社(現サノフィ)のモロッコの営業本部長として入社。フランスでアベンティス(現サノフィ)の国内・国際マーケティング部門で上級管理職に就いた後、直近10年間はアジア諸国で活動していた。ベトナム、タイ、韓国で社長職を歴任し、13年6月に現職に就いた。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop