コラム

会社名 参天製薬株式会社 代表者
本社所在地 〒530-8552
大阪市北区大深町4番20号
グランフロント大阪 タワーA (受付 25F)

代表取締役会長兼CEO 黒川 明

ホームページ http://www.santen.co.jp/ja/  

 

資本金 7,792百万円(2017年3月31日現在) 従業員 3,667名(連結) 事業内容 医薬品および医療機器の研究開発・製造・販売

参天製薬は1890年の創業以来、医療用医薬品および一般用医薬品の研究・開発・製造・販売に一貫してたずさわる企業として、人々の目とからだの健康維持・増進に貢献してきました。現在では、眼科とリウマチに特化した独自性ある医薬品企業として、売上高の約80%を占める医療用眼科薬では、あらゆる眼科疾患に対する優れた医薬品の創製と医療現場のニーズに即した情報提供に取り組み、国内No.1の地位を獲得しています。また、医療用眼科薬事業を中心に、すでに日米欧の3極で臨床開発・販売体制を構築し、卓越した研究開発力に根ざした独自性ある製品を世界に供給する、世界で存在意義のある企業となることを目標にしています。                               
事業分野別概要
■医療用医薬品
[医療用眼科薬]  約4割を誇る国内医療用眼科薬市場のリーダー。医療現場のニーズに即した幅広い疾患領域の治療薬を取り揃え、国内最多のMR(医薬情報担当者)数と圧倒的な情報提供・収集力で全国の眼科医をきめ細かくカバーしています。海外では、米国、欧州、アジア諸国に拠点を持ち、眼科薬の開発・製造・販売を行っています。
[抗リウマチ薬]  参天製薬のもう一つの柱が抗リウマチ薬分野です。関節リウマチ治療分野でDMARDs(Disease Modifying Anti-rheumatic Drugs:疾患修飾性抗リウマチ薬)とよばれるタイプの2品目の治療薬を医療現場に提供しています。さらに、これら2品目に続く新規抗リウマチ薬の開発に向けて、研究開発を強化しています。
■一般用医薬品
 1897年に「大学目薬」を発売して以来、参天製薬は100年以上にわたり軽治療や眼病予防に主眼をおいた一般用目薬の開発・製造・販売を行ってきました。1962年に採用した国内初のプラスチック点眼容器に代表されるように、利便性に優れた数多くの独創的アイデアを実用化しています。代表的な製品に、テレビCMでもおなじみの「サンテFXネオ」、「サンテドウ」シリーズ、「サンテ40」シリーズなどがあります。
■医療機器
 医療用具事業は、眼科領域のエキスパートして、医療機関に医薬品以外の製品・サービスも提供するという参天製薬の一つの強みを担っています。主な製品として、白内障手術で使われる超音波白内障手術装置、眼内レンズ、手術用小物などを販売しています。2001年11月には、眼内レンズの研究開発・製造・販売を主力とする米国のアドバンスド・ビジョン・サイエンス・インクを買収し、眼内レンズの製品開発力が一層強化されました。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop