コラム

アンジェスMGは、開発中の新しい作用のアトピー性皮膚炎治療薬について国内でフェーズ3に進むことになったと発表。軟膏製剤で、顔面の症状に対する改善効果を示すことが明らかになり、既存の治療薬が有する皮膚刺激性、局所副作用を示さない。フェーズ3開始は来年以降を予定している。

人工的に合成したデコイオリゴ核酸が、免疫や炎症反応に関与するタンパク質NF-kBに結合することで、過剰な免疫、炎症反応を抑える作用を持つ。NF-κBデコイオリゴ核酸による治療法は、1995年に大阪大学大学院の森下竜一教授が発明。塩野義製薬と共同開発中。

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop