コラム

 最近では、製薬企業各社の中でメディカルサイエンスリエゾン(MSL)と言う新たな職務が誕生している中、そのMSL のあり方を考えていきたいと思います。

 

 製薬企業において、営業・マーケティング組織から独立し、医学的・科学的に情報提供を支援するメディカル・サイエンティフック・リエゾン(MSL)の役割が注目され始めている。自社製品の情報提供は、MRの役割だが、欧米と違い日本では、製造販売後調査、文献提供にまで関与する特有のMR活動が行われてきた。特に最近、医薬品に関するエビデンスと安全性を重視する傾向があり、「MRは自社製品に有利な情報提供だけを行っているのではないか」と、懸念が高まっている状況です。従来型のMR活動の転換期を迎え、プロモーション活動と学術情報の提供活動を分けたMSLの導入が、今後のMR活動のあり方を変えていくキッカケとなりそうだ。

 MSLは、営業・マーケティング組織から独立し、医学的且つ科学的な専門性を持って、各専門領域のキーオピニオンリーダー(KOL)などを訪問し、直接議論をし、Dr.との良好関係を構築することが役割となってくる。自社製品の宣伝には関わらず、プロモーション活動をしないように区別しているのが特徴です。

 MSLの重要性が高まっている理由には、医薬品を取り巻く現在の状況に変化があるからです。医薬品の種類や作用機序、用法・用量の多様化が進み、多くのDr.はエビデンスを重視しているからです。さらには安全性を重視する傾向にあり、製薬企業のコンプライアンスも高まり、質の高い医学的且つ・科学的な情報提供を行うMSLの必要性が高まっているのです。Dr.の思いの中には、現在のMRの情報提供は「自社製品に有利な情報提供だけ行っているのではないか」と懸念が高まっている状況ですが、それよりも現在では医薬品の種類や作用機序、用法・用量の多様化が進んでいる中では従来のMRの情報提供だけでは、不足していると考えられているのです。

 

 MSLの求人条件は、医学・薬学に関連する博士、修士の学位取得者とされ、医薬業界での経験、英語力、KOLに対応するコミュニケーション能力が必要とされています。既に欧米では、数多く(千人単位)のMSLが活躍されており、多くが医学・薬学の博士レベルの人材だそうです。MSLは各製薬企業のメディカルアフェアーズ部門に所属し、営業・マーケティングから独立した業務を行っております。

 

 現在のMSLの中心的機能としては、KOL対応と臨床研究支援が挙げられますが、新薬開発の早期段階では、治験薬に関わる専門領域のエキスパートであるKOLと関係構築し、最新の医学・薬学情報を正確且つ、タイムリーに提供し、KOLから収集した情報を開発部門や社内の関連部門と共有し、臨床試験の支援などを行っております。開発後期から市販後にかけては、KOLを育成すること共に、多くのDr.へのコンタクトを目指し、講演会や研究会の企画立案・実行をします。さらには市販後の医師主導型自主研究を支援することも重要な業務となるなど、新薬開発の早期段階から市販後まで、幅広い役割を担っております。

 

 但し、Dr.から見るとMRとの違いは分かりにくく、現在の日本においてはMSLの業務が確立するのにはまだ問題が多く残されております。

 まず外資系製薬企業が、MSLを数十名単位の組織として拡大していく動きが見られていますが、現在の状況では、まずMSLの業務を確立するために、現行のMR活動の見直しをしなければならないという大きな障害を乗り越えなければならないと考えられております。しかし、現在のMR活動のあり方を変えるのは大変で、MRの役割とMSLの役割をいかに区別し、欧米のようにどのようにMSLを広めていくのか、各製薬企業だけでなく業界全体が考えていく必要があると思います。                            

コンサルタント 森

予約制 夜間・休日 電話転職相談 「転職相談したいんだけど、なかなか時間が取れない…」そんなあなたをサポートします

無料会員登録受付中職務経歴書・レジュメの書き方や面接対策による転職サポート

PageTop